アジェンダ/作成委員会(第6回-20070808)

提供: かわごえ環境ネットWiki
移動: 案内検索

基本情報

  • 午前の行政職員との協議は、「第2回(仮称)環境行動計画関係課検討会議」として開催
  • 日時:2007年8月8日(火曜日)9:30-11:30・13:00-15:00
  • 場所:午前:やまぶき会館C会議室、午後:川越市役所修養室
  • 出席者(敬称略):小瀬・武田・竹淵・宮澤・原嶋・村上・吉永・横山・行政各課(14名)・事務局(岡村・松本)

午前のメモ

  • 前回の意見等の確認
  • 今回の意見
    • 【資源循環推進課】
      • 4.グリーン購入
        • 個人・組織:リサイクル製品の購入、行政:補助---難しい
      • 5.生ごみの資源化
        • 「近隣地域の生ごみ」法に抵触の可能性***市外の場合。生産者との協働が必要
      • 6.バイオマスの活用***「新エネルギー」でもよいのでは
      • 7.容器・包装の削減***エコストア(店個々が何をやっているまでを把握するのは難しい)
      • 8.リユース***割りばし(間伐材の活用の観点では悪いことではない)、「普及啓発を推進する」べき
      • 9.「プラ」***「その他プラ」
      • 13.浄化槽「補助の強化」***法に基づいて行っている。補助×***維持管理指導
      • 24.落書き、犬のふんの問題の扱い
    • 【公園整備課】
      • 環境像:「自然公園」は異なるので「自然を生かした公園」等の表現に
      • 17.水辺の保全:「自然公園」の表現の訂正
    • 【都市交通政策課】
      • 10.「車優先から人間優先へ」をテーマに道路交通の現況を見直そう***ハード面の見直しを含んでいる。公共交通の活用促進などの表現が望ましい。
      • 路線バスのルート再検討は、行政主体が取り扱うのが難しい
      • 「活用が進む運行、運賃制度」国の認可が必要
    • 村上
      • 3つの期間:環境像2030年***21世紀半ばでもよいが再修正が可能な時期、行動提案---10年ターム
        • 行政の立場から、先を議論するのは難しい。しかし、法に基づく議論だと、将来像を議論するのは難しい。(ex.一般廃棄物、産業廃棄物の区分けなど。「民間」と「行政」の区分。)
    • 原嶋
      • 「協働」によって解決しなければならない問題がほとんどである。「協働」「合意形成」・・・プロジェクト型の課題推進が可能かどうか(ex.南小畔川の河川改修内容について知らされていなかった、川になじめない状況)20-30年後---協働でなければならないが...行政のみでは地元がなじまない
    • 事務局
      • 総合計画でも「協働」をうたっている。協働の部署、条例化を進めている。
    • 【環境政策課】
      • 行動提案表***各個人・組織で実行すること***チェックシート、市民・事業者に対して啓発・普及を図ること、協働して実行すること***協働してやっていくことのくくりがいいのでは、行政に対して提案・参画・「チェックを行うこと」***市民vs行政、働きかけ***これも「協働」でのほうがよいのでは?、「関係機関」への働きかけを含める
    • 【資源循環推進課】
      • 30年スパンで考えると「エコストア」の継続性、プラと紙ごみを分別して資源にしよう---可燃ごみの削減
    • 武田
      • 駐輪、ごみ等の課題***誰が取り組む課題なのか...
    • 村上
      • 行政職員が市民側の提案・意見にどう応えていくのか。
    • 【環境政策課みどりの係】
      • 行動対象・行動提案の主語が必要
      • 18・・・順応的な管理の実施***わかりづらい
      • 23・・・緑化---「植栽」に統一しては、「自然の素材」具体的な記述でよいのでは?
      • チェックシート15・・・「屋根」、広くは「屋上」
      • 協働でのネック・・・優先度による金銭の課題「予算---税金」、ex.「福祉と環境」「くぬぎ山」<「川越市森林公園」
    • 横山
      • 「環境」面の広がり、「お得感の欠如」(付加価値をつけることが必要)
      • 何らかの「経済的」効果が必要,行政としてお得***行政からの巻き込みが必要
  • 計画の基本的な枠組みの確定
    • 「ビジョン」を共有か独自のビジョン(イメージ)を持つか
    • 「21世紀の半ば」---半ばであれば世の中がずいぶんと変わる
  • 関係課との今後の協議
    • 今回の意見に対する修正案を配付する
    • パブリックコメント後に会合または文書等でのやりとりを行う予定
    • 各課担当者へ:「行動提案表」「チェックシート」---市民・事業者の行動、こういうことをやってほしいという提案があれば政策課へ連絡を15日までにお願いします。

午後のメモ

  • 意見に基づき、「環境像」の修正を行い、文章を確定させた
  • 「行動提案表」「チェックシート」の修正、「協働によるプロジェクト」の文案作成をパブリックコメント手続き開始前に行う必要がある。パブリックコメントで公表する内容については、引き続き検討する。

次回開催

  • 8月22日(火)9:30-11:30にやまぶき会館C会議室で開催
  • 次々回は9/4(火)9:30-11:30に川越市役所7A会議室で開催予定