アジェンダ/作成委員会(第3回-20070703)

提供: かわごえ環境ネットWiki
移動: 案内検索

基本情報

  • 日時:2007年7月3日(火曜日)9:00-11:00
  • 場所:川越市役所7G会議室
  • 出席者(敬称略):小瀬・武田・竹淵・宮澤・村上・吉永・渡辺・岡村・菊地
  • 欠席者(敬称略):上原・大久保・金子・原嶋・横山

議事次第

  • 2030年の環境像の検討
    • とりあえず案の確定を行う
    • 過去・現在・近未来を確認して、素案までにはこのあたりも一部項目を入れ込む
  • 協働によるプロジェクトの検討
    • 提案された内容の整理
    • どのような整理の仕方をするか、また、原案作成分担の検討
  • 体裁の検討
    • A1版1枚にまとめて地図のように折りたたむ(ポスター的に張り出せる、一覧が可能だが耐久性が難点。)
    • A4版16ページ以内の小冊子(一覧性に欠ける。保管性は高いが死蔵されそう。)
    • 10年間使えるハンドブック形式(費用がかかりそう。消耗品的。)
  • 次回までの作業事項
    • チェックシートの項目(参考として行動提案表、意見交換会時の資料、第一次計画時の市民版・事業者版チェックシートを参照)
    • 将来像とセットで、川越の現状について写真などで説明するものを作成したい。かわごえの現状に関する写真、アイデア等ありましたらあわせてお知らせください。

8月末までのスケジュール

  • 7月3日:[3]協働によるプロジェクトの精査、体裁の検討、チェックシートについての宿題
  • 7月18日:[4]チェックシートについての精査、体裁の決定と執筆分担の決定
  • 8月1日:[5]川越市担当との調整会議
    • 8月3日:素案第1案完成(8月10日ごろ予定の環境審議会へ報告)
  • 8月8日:[6]素案最終案作成
  • 8月22日:[7]素案最終案最終検討
    • 8月末:素案最終案完成
    • 9月10日より1か月間:パブリックコメント手続き

記録

  • 環境像案の検討
    • 環境像の項目を並べ替え、近い項目はまとめる。
    • 資料3*5を参考に、環境像の項目が多くなってきたので項目ごとにタイトルを検討。
    • 1986年の川越の航空写真を参考に過去・現在・近未来を確認して、素案までに項目を一部入れ込む。
    • 市民の視線からどんな街にしたいのか検討する。
    • 寺社、教会等の有効活用。

未来を考える上で過去の川越と現在を比較

  • 過去(1986年の川越)
    • 埼京線が開通、国鉄の時代。
    • 川越駅前は開発前で駅ビル等もなかった。
    • この時期を境に暖冬傾向にあった。
    • 河川の汚れがひどく不老川は全国ワースト1であった。
    • 伊佐沼の水質は現在よりよかった。
    • 住宅地の開発もあまりなされていない。
    • 川越の観光地としての認知はまだ低かった。
  • 現在(課題)
    • 土地開発、耕作放棄など生態系の破壊が顕著である。
    • 中心市街地における交通問題
    • 郊外に大規模ショッピングセンターが作られ、自家用車利用での移動が増え、環境負荷の増大が懸念される。
    • 子どもの外遊び環境が失われつつある。
    • 情報格差が顕著である。
    • 一人あたりの資源使用量は横ばい。
    • 不法投棄
  • 協働によるプロジェクトの精査と体裁の検討(A1版1枚、A4版16ページ以内の小冊子など)
  • チェックシートについての宿題(メールであれば小瀬まで直接、印刷物は事務局まで資料をお送りください。)

次回開催

  • 7月18日(水)9:00-11:00(時間変更しました。場所は市役所7G会議室)
  • 第5回は8月1日(水)13:30-16:00に7B会議室で開催(川越市の担当課へのヒアリング)