アジェンダ/作成委員会(第13回-20071126)

提供: かわごえ環境ネットWiki
移動: 案内検索
  • 基本情報 [#wc4ebca8]

-日時:2007年11月26日(月曜日)9:00-11:00 -場所:川越市役所7G会議室 -委員(敬称略):小瀬・大久保・武田・竹淵・宮澤・村上・横山・吉永・渡辺・事務局(松本)

  • 記録 [#p76b50ac]

-前回(第12回, 11/12)議事録の確認 -最終案の確認(郵送された資料持参) -本編 ---表紙 +写真の縦横比を確認 ---あいさつ ---目次 +チェックシート「20」を追加 ---「アジェンダ21」と「ローカルアジェンダ21」 ---川越市環境行動計画「かわごえアジェンダ21」の位置づけ +環境基本法の「*」を取る +みんなでつくる・・・を明朝体に修正 +図をセンタリング ---川越市環境行動計画「かわごえアジェンダ21」の目的・推進体制・構成 +目的として策定します。→目的としています。(策定後のものになるため) +[共通項目]年・年度の表記法について「平成27(2015)年度」の書き方に統一(「策定の経過」は除く) +[共通項目]数字の表記(全角・半角)・・・どちらかに統一 +取り組むべき内容の重点項目を10項目掲げ→取り組むべき10の重点項目を掲げ ---望ましい環境増が実現したときの川越のようす +「を売りにしている」→「安全、安心な商品を提供している商店」 +処理されることにより→処理され・・・「ることにより」を削除 +「国際規格であるISO14001」→「国内外の各種環境管理システムの導入」 +「許可された車両しか通行できないようになっており」は市で検討・・・環境負荷、歩行者の安全性の観点から、理想の環境像として何かしらの規制的な表現が望ましい +風は「、」市民に ---川越市環境行動計画「かわごえアジェンダ21」の体系 +ポイ捨て「と」ごみ・・・「と」を取る +1%環境ボランティア運動で「環境を良くする活動の環(わ)を広げよう」 ---120の行動提案 +「生物多様性」に統一させて、用語説明(→後日、事務局から「生物の多様性」に統一させる指示あり) +p.7 エネルギー「となる資源」の地産を考えよう。 ---協働で取り組むべき10の重点プロジェクト +約3,000人が環境ボランティア運動の核となって、より多くの市民に環境を良くする活動の環(わ)を広げていきましょう。 ---環境に配慮した行動チェックシート20(市民編) ---環境に配慮した行動チェックシート20(事業者編) +属性欄 ++事業者---産業分類のチェック(確認) ++従業員数 -あとの記述については、最終判断は事務局と小瀬に一任。各委員は、意見があれば11月28日(水)までに小瀬へ連絡する。 -今後の作業及び日程 --11月28日修正案→最終案の送付 --第14回12月10日(月)13:00-15:00(7B)最終回(最終承認、今後の課題)